■この曲とともに。そして試聴も■22才の別れ:風

0
    ■この曲とともに。そして試聴も■22才の別れ:風

    の思い出


    COMPLETE BEST

    思い起こせば、僕も22才の頃・・似たような境遇だったような・・ほろ苦い思い出が。

    風前の灯だった邦楽コンテンツ。こっち方面なら、いくらでもイケますので、しばらくこの路線かな〜

                    ■ ■ ■

    伊勢正三氏の憂いのある歌声が物悲しさを増長しています。
    昭和の匂いが立ち込める、そんな曲です。浮ぶ情景は神田川と同じような空気感。
    時代は変わりゆき、取り巻く社会環境は変われど、この歌に描かれる人間模様は今も昔も変わらないのでしょう。


    ==>「22才の別れ」の思い出と試聴は音楽紀行で
    コメント

    こんにちはー。

    この曲は、結婚したばかりの頃、よく週末に主人がギターを弾いて、よく一緒に歌いましたよ〜。

    他にもイルカとか、陽水とか歌ったなぁ。
    フォークって、いいよね。

    なつかしー。



    ●みどりさん
    こんばんは。

    ちょっとレトロな曲でしたが・・。
    いい曲ですよね。歌詞がいいですよね。
    セピア色の思い出ですね。

    ギターは白いギターだったりして??

    一緒に歌ってたか〜。青春ですね〜
    新婚時代に聴くような、しかも2人で歌うような曲じゃないような気もしますが・・

    しばらく邦楽はフォーク路線でいきます・・
    ダメだ・・邦楽は・・・ネタギレです。

    • sora
    • 2008/03/11 23:04

    うあー…懐かしいなぁ。かぐや姫、風などなど、フォークは歌詞も、メロディもキュンとなりますよね…私はタイムリーには聞いたことはないのですが、小、中学時代位にテープで何度も聞いてました。(誰の影響かはわからない…)

    以前も、フォークネタの時に書き込もうと思ったけど、盛り上がってたので入りにくかったのですが、この曲は私も好きなのでスルーできなかったわ。

    私も、伊勢正三さんの声は好きです。ちょっと悲哀の感じられる声を聞くと「ああ、私もこんな風に男性から思い出してもらいたいわー…」なんてロマンティックになりますね。

    それにしてもsoraさんの歌詞と同じように『5年つき合った彼女から「もうまてない…」といって去られたせつない思い出話』があかされると期待してたのに…ざんねーん!
    じゃ、次回 オペラシティの恋バナでも報告してもらいましょうかね…

    ●oinkさん
    こんばんは〜

    僕も、さすがにリアルでは聴いてなかったです。
    フォークという言葉時代、死語になっているのですかね。

    そんな。遠慮なさらずに!一緒に盛り上がってください!音楽ネタは特に!

    ちなみに、少し前にUPした写真のタイトル「めぐる季節」はオフコースの古い曲のタイトル。1976年にシングルカットされた曲です。
    これを知らなければ、オフコース・ファンじゃないでしょ!っていうくらいいい曲です。

    「あなたが、そこにいるだけで、私の心はふるえていく♪
     ・・・もう少しだけ、今のまま、生きてゆこうなんて・・♪」

    いいんですよ。これぞフォーク!

    僕の恋バナ?ありえません。。ちょっと意味深に、大げさに書いてしまいましたね・・・。胸の奥深くにしまっておきます。

    • sora
    • 2008/03/12 22:31