計画することの大事さ

0
    何度も挫折したサイト作り。でも今回は気合が違う。
    大事なことはモチベーションの維持。維持するには。
    働きながら、子育てしながら、サイトを維持する。自由になる時間も
    ほとんど無し。その中でサイトを作ることは至難。ましてやリリース後、運営するなんて。このパワーを出すにはモチベーションを高める以外は無い。で、テーマは継続的に取り組んでいる趣味を取り上げるとして、作るプロセスを計画してみた。
    下記の内容を文章(ドキュメント)にしてみた。

    1.目的、目標を明確にする
    2.サイトを使う人(閲覧する人:ユーザ)から見た要件の抽出。
    3.サイトを運営する立場(これは私)から見た要件の抽出
    4.ユーザーがサイトを使う手順のパターン(仕様)を作成
    5.運営者が運営する手順のパターンを作成
    ==>ここまではシステム的な用語は出てこない。

    6.サイトの実現手段、実現環境の決定
    7.ユーザー仕様、運営者の仕様を実現させるシステムの基本設計。
      (画面設計等のI/F設計)
    8.コーディング
    9.テスト

    会社で顧客相手にシステムを作るわけでは無いので、厳格に上記ドキュメントを作るわけでは無い。

    今までサイトを作成しては放り投げてきた原因を紐解くと・・

    1.「サイト作り」自体が目的となり、内容(コンテンツ)が伴わない。
       これはCGI技術やクールなデザインばかり気になり、盛り込む
       コンテンツが貧相。

    2.いきなりエディタを開いてモノ作りに走ってしまう。作りながら
      コンテンツや画面構成、CGI等の内部機能を検討してしまう。
      =>「考える」設計と「ひたすら書く」コーディングを完全分離。

    ・・上記がシステム開発の王道というわけでは無いが、上記の方針で今回はじっくり取り組んでいる。ふっと気づくと、Perlのコードを追っていたりしたが、ぐっとこらえて、「閲覧する人は何を求めているか」を常に考えるようにした。
    あわせて、作った後のことを考え、ディレクトリ構造やファイル名のルールなど、早めに作った。メンテナンスの手順もあらかじめ想定。

    なんでプライベートに仕事の延長のようなことをしているかというと、自分のモチベーションを維持するにはこれしか無いということと、このサイトを絶対に成功させてやるという強い意思に他ならないって断言していいのだろうか???????????????????
    コメント

    今更ながら奮戦記を読みました。
    スーパーSEと言われる人たちってどんなふうにこのようなものを作り上げていくんでしょうね?
    なかなかモチベーションを維持するのは大変ですよね。
    ついつい楽しいもの作りに走りたくなる気持ち、よく分かります。
    だって楽しいんですもん。そのほうが・・・。

    • tsujich
    • 2006/03/06 23:15