#クロッキー 2

0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    デッサンの合間に全身像を少し練習していたけど、長沢節や森本美由紀の本を読んで

    少し描き方を変えてみた。

     

    細かく線を重ねるではなく、「一本」の線で極力描くようにしてみた。

    そうはいうものの、そんな芸当、当然のことながらできるものではないけど

    そこは我慢して、やってみる。その繰り返し。

     

    長沢節の本に、興味深い記述があった。

    いらずらにスピード感が「あたかも、あるような」線を描いたり

    するのは、ワザとらしく、良いとはいえない。と。

    あー。これはまさに僕かもしれない。。

     

    そして、こう記述されていた。

    子供のような、よもやすると「幼稚」な線が、実は味わいがあり良いのだ。と。

    (ちょっと表現が違うかもしれないけど)

     

    なるほど、と思った。ようは「正直」に描け、と言っているんだと解釈した。

     

    この絵はまだ、そんなに、だけど、いろいろ描いているうちに、言っていることが少しわかってきたし

    「個人的」には、形とバランスが整ってきたような「気がする」・・

     

    ととはいえ、この絵はまだまともなほうで、奇怪な絵はまだまだあるけど、歩留まりは多少改善しつつあるかな。

     

    気晴らしに色を置いてみた。色があるといいな。