■ シネマ* ■ ダンサー・イン・ザ・ダーク

2012.06.26 Tuesday

0
     JUGEMテーマ:映画






    好きな監督の一人。ラース・フォン・トリアーの作品。2000年にカンヌを獲った作品。
    しかし、カンヌはこういうのが好きだなー。

    ■ ■ ■


    これまで何作品かラースの作品を観てきたけど。
    その中でも一番「救われない」映画だったかな。

    音楽で言えば、2声、3声いやもっとそれ以上の「流れ」がある。
    しかも協和音になったり、不協和音になったり。

    それがずっと続く。
    最後は強烈な不協和音で終える。

    何らか映画に救いを求めるから、最後はハッピーエンド、あるいは
    多少、ハッピーな暗喩があるものだけど。

    全く無し。救われない。それが現実だ。
    ある意味、映画はこうあるべきだと。
    救いの無いエンドもある。それが現実。
    やりきれない。不条理に満ちている。

    ここまで救いが無いと涙すら出てこない、
    心では泣いているけど。

    ただ、主人公の歌声と、ラストシーンは強烈に記憶に残る。
    主人公は夢を追い求めている。これほど夢を追い求めている主人公は他にみない。

    素晴らしい映画だった。


    【僕的好き度】AAAA(現実とはこういうことだ。救いの無いストーリーをちゃんと映画として成立させている。最高)
    【オススメ度】C- (投資不適格。映画に救いや夢を求める人には全くオススメしない。)