■ シネマ ■ ピアニスト

0
     JUGEMテーマ:映画






    映画を観ていていきなり「15禁」マーク。
    あぁ、そういう方面なのね、と。

    大好きなミヒャエル・ハネケ監督作品。
    これは2001年カンヌを獲った作品のようだ。
    カンヌはこういうのが好きだなぁ。

    ■ ■ ■



    稚拙な表現になってしまうけど
    まさに衝撃的。だけど、淡々としている。

    ピアニスト、というタイトルからピアノが流麗に流れるのを想像したけど。
    映画の音楽としての曲は一切なし。

    しかしこの監督は、なんて言うんだろう。
    よくある言い方だと、人間の内面をえぐり取るような、
    と北野作品を讃えるような言葉では表現できないなぁ(揶揄してます笑)

    誰もが暗黙の了解で目を背けていた、こういうことを考えているのは私だけ?
    と、誰にも聞けないけど、聞いたら案外、皆、似てはないけど、何らか狂気な部分
    があるということが分ったりとか。

    「抑圧」されると内面に凄いものが「育まれていく」ものだと。
    それが狂気なのかと思ったら、そうでも無いのかもしれない。

    さて、僕はどうかというと、それは内緒です。

    女優さんの演技は凄かった。
    ラストシーンの表情はCGかと思うくらい。

    おきまりの無音のエンドロールが印象的な映画。



    【僕的好き度】AA- (個人的には、かな〜り好き系)
    【オススメ度】C-    (投資不適格) 

    (まったくオススメできません)