■この曲とともに。そして試聴も■「バラード2番」:ショパン<ショパン生誕200周年記念!>

0
    ■この曲とともに。そして試聴も■「バラード2番」:ショパン
    の鑑賞文です。

    ショパン:4つのバラード、幻想曲、舟歌ショパン:4つのバラード、幻想曲、舟歌


    今年2010年はショパン生誕200周年。そして、お友達?のシューマンも同じく生誕200周年。
    ちなみに昨年はメンデルスゾーン生誕200周年でした。

    この「バラード2番」はシューマンへ献呈されたことでも有名です。

     

                   ■ ■ ■
    バラードの4曲はいずれも名作で、演奏される機会が多いと思いますが、おそらくバラード2番は多くは演奏されないかもしれません。

    万人受けするような曲ではないかな。

    冒頭の主題部分は穏やかなユニゾンで始まる。静かに。そして唐突に、突然に第二主題へと移る。

    雷鳴とどろくがごとく、鳴り響く。徐々にではなく、突如。ショパンはどういう気持ちでこういう展開にしたのだろうか。怒りがこもっているとしか思えない。

    で、最後はその怒りもおさまり、静かに閉じられる。
    僕はこのバラード2番は良く聴きます。激情的なプレストの部分を聴くと、心が掻き篭られる。そこに快感を覚えます。

    ==>試聴と続きは音楽紀行で。
    コメント