■この曲とともに。そして試聴も■「冬が来るまえに」:オフコース

0
    ■この曲とともに。そして試聴も■「冬が来るまえに」:オフコース
    の鑑賞文です。

    SONG IS LOVE(紙ジャケット仕様)

    この季節になると、自然に頭の中でローテーションしてしまうこの曲。

    寒風吹きすさぶ中、バックグラウンドに流れる。

    しみじみするなぁ。。

                   ■ ■ ■
    オフコースの曲の中で、この「冬が来るまえに」はあまり広く知られていない曲かもしれませんね。

    交響曲のような壮大さを持っている曲。歌詞も初期のオフコース独特のポエジーかつ所謂典型的なフォークソング調に仕上がっています。

    強烈なメッセージ性があるわけでは無いけど、最初の「震える肩を抱けば・・」でググーっとオフコースの世界に引き込まれていきます。
    壮大な抒情詩といったところでしょうか。

    特筆すべきは「冬が来るまえに」が終わるあたりから、次の曲「歌を捧げて」へ静かに切れ目無く繋がって行く部分。

    コアなオフコース・ファンならお分かりになるでしょうけど、「歌を捧げて」も含めた、この一連の流れは本当に美しく、幻想的でこのアルバムを締めくくるに相応しいアレンジです。

    ==>続きと試聴は音楽紀行で。

    コメント

    名曲、ですよね。
    オフコース。ウチの両親が好きでLPレコード
    よくよく流れてたの懐かしく思い出しました。

    冬が来る前に、もういちど、あのひとと。

    好んで聞いてた訳じゃないのに、あのコロ(ほんと幼稚園とかですよ)耳にした記憶っておっきい。
    井上陽水さんとか、ビートルズとか。
    あのレコードたちはどこにあるんだろ。

    よい週末を!

    • zeauxzeaux
    • 2009/11/27 17:44

    冬が来る前にってオフコースだったっけ?
    って思いながら頭に浮かんだのが

    ♪冬が来る前に もう一度あの人と めぐり逢いたい〜

    って、これは紙風船ですよね(笑)
    HPからyoutubeに飛んで聞いてきました
    この曲知らないかも?サビの部分は聞いたことがあるかもしれないけれど・・・
    とってもオフコースらしい曲ですね
    冬が来ちゃってるような物悲しさもあり・・・

    先日吉祥寺に行ってきましたよ!
    目的は買い物だったので写真は期待しないでくださいね(笑)
    カエルプリン食べてきましたよ〜!

    ●zeauxzeauxさん

    こんばんはー。

    なるほど。ご両親ですか・・。
    うーん。微妙なキモチでございやす。
    LPってリアルに見たことあるよね?(笑)。
    と、強引に同世代にしようとしてますが・・。

    僕は最初はアレレ、そんな歌詞だったっけ?って今日は悶々としてたんですけど。
    ↑のkana2さんのコメ見て納得。紙風船の歌詞ですね。それは。

    Youtubeで探していたら、やたら紙風船のビデオがひっかかりました。僕は紙風船の曲は知らなかったです。
    で、納得。紙風船は多分、オフコースより前の世代だから、ご両親が聴いていたんですよね!きっと。
    オフコースのこの曲は名曲ですよ。歌詞をご堪能ください。

    レコードは僕は引っ越したときに、ぜーんぶ捨てました。とっても後悔してます。きっとご実家のどこかにあるんじゃないの?LPのジャケは今はインテリアとして使えるよ。

    • sora
    • 2009/11/27 22:34

    ●kanaさん

    こんばんはー。
    期待通りに来てくださいましたね(笑)。

    やっぱ紙風船なんですねー。Youtubeは紙風船ばかりでしたから。

    アレ?そーなんだ。ご存知ない?この曲はオフコース時代のSelectionsにも含まれてないし、あまり知られて無いと思います。

    心が揺さぶられる曲です。
    が、冬まっさかりで、真っ暗な気分になってしまいますね・・。物悲しいどころじゃないかも。でも、ちょっと前向きだっりするんですけど、やっぱ悲しすぎる・・。

    おー。くくぅ。僕もその店の前で写真を撮りましたよ。moiも行ったんだね。僕もこの前行きました。くくぅはちょっと入りにくいかなぁ・・。階段のたたずまいが・・。
    しかし、精力的に動きますね(笑)。

    • sora
    • 2009/11/27 22:48