■Photo*■ Field of death

0

    【PENTAX MZ-5N/FA 31mm F1.8 Limited/イルフォードXP2 Super 400】

    真冬の散歩。一面の葱畑。



    この写真にある高層住宅の右手くらいに僕は住んでいる。

    東京ですが、広大な畑が広がっている。

    果たしてここは、畑の意味をなしているのだろうか。

    と以前より疑問に思っていた。

                  ■ ■ ■

    【PENTAX MZ-5N/FA 31mm F1.8 Limited/イルフォードXP2 Super 400】

    ここは多分、大根?の畑。

    どうみても、全部枯れている。

    大根自体は死んでいるとは思えない。首を出している大根もある。

    見殺しにされたように見える。




    【PENTAX MZ-5N/FA 31mm F1.8 Limited/イルフォードXP2 Super 400】

    生育して出荷できそうなのに、畑は死んでいるかのようだ。

    でも、畑の一角で「直売所」があり、獲りたての野菜が安価で売られている。だけど、ごく少量だ。



    【PENTAX MZ-5N/FA 31mm F1.8 Limited/イルフォードXP2 Super 400】

    畑の真ん中に走る農道。

    両脇は「死」の畑。

    坊や。何か事情を知っているかい?

    畑の中に豪邸が立っているけど。

    沢山の「実り」があるけど。何故、収穫しないの?

    きっと、オトナの事情があるのだろう、。坊やは知らなくても良さそうだ。






    コメント

    謎多き風景ですね・・・・
    その大根は特殊な農法で葉が枯れるまで収穫しない訳ではないのですね。

    soraさんの『「死」の畑』と云う表現に無常を感じます。
    その場に行ってない僕には『「腐」の畑』と云う言葉が浮かびます。
    soraさんの写真を通すことで、自分の視点から何かが欠けて加わるからでしょう。

    それにしても勿体ない。
    朽葉をのせた大根に見えるものは、氷山の一角。
    それは結実しなかった労力や時間や陽光や慈雨の成れの果てなんですね。

    見方を変えれば、
    こんなものを衆目に晒さなければならない当事者のご事情が気の毒にも思えますが。

    • 良速
    • 2009/02/03 09:13

    ●良速さん

    こんばんはー。

    ちょっとダークな写真でしたね・・・・
    この畑は通るたびに撮影するのですが、どうも今一歩だなぁと思って一度もここでUPしてませんでしたが、モノクロ銀塩で、なんとか想いを写すことができたかな・・・と自画自賛のつもりではないですが・・・

    なるほど。特殊農法ですか。確かに可能性はゼロでは無いですね。
    ただ、ここは何年も通っているので、違うかなぁ・・。

    「腐」という表現のほうが正しいですね。枯れてはない。
    放置されて、異臭を放ってますから。

    このような畑はここだけでは無いのですよ。割と目にします。

    白菜、キャベツ。ブロッコリー、にんじん、葱。いろんな野菜があります。
    だけど・・。

    今回は報道的に事実を切り取ったつもりです。
    事情は分りません。気人手不足、後継者問題といったところでしょうか・・

    兎にも角にも「勿体無い」・・・ですね。

    • sora
    • 2009/02/03 22:05