■この曲とともに。そして試聴も■「生まれ来る子供たちのために」:オフコース

0
    ■この曲とともに。そして試聴も■「生まれ来る子供たちのために」:オフコース

    の思い出。

    Three and two(紙ジャケット仕様)Three and two(紙ジャケット仕様)

    さてさて。営業開始でございます。

    当初は暗〜いクラシック曲を予定していましたが、年始に相応しくないので、取りやめ。

    ぼんやり年末に録画した小田和正さんの恒例の『クリスマスの約束』を見ていて、この曲にしました。

    いずれにしろ、地味な曲ですが・・。


                   ■ ■ ■

    この曲がおさめられているアルバム「Three and two」はオフコースの名盤中の名盤。
    このアルバムのから小田氏、鈴木氏のデュオに、松尾一彦、清水仁、大間ジローの3人が正式加入。
    その音楽に厚みが加わり、そして次のアルバム「We are」の大成功へと繋がっていった。

    で、改めて、この曲をの歌詞を眺める。次世代の子供たちに向けたメッセージ・・・。
    ということが主題だと思ってた。でも、明らかに違う。

    生まれ来る子供たちのために「我々」がしなければならないこと、あるべき姿。
    自らを戒めよ。と僕らへ向けたメッセージでした。
    オフコースの歌詞は中学生の頃、聴いていたイメージと全然違うんですよね。
    今回改めて思った。

    ==>続きと試聴は音楽紀行で。
    コメント

    「生まれ来る子供たちのために」は当時さほど好きでもなかったなあ。
    多分、歌詞に乗りきれないものを感じていたんだろう。
    「夏の終わり」なんかはいいね、好きでした。
    5人でのオフコースというと、松尾さんの「君を待つ渚」がよかったなあ。ライヴの。
    めずらしくスカッと抜けのいい雰囲気で。

    ●眞紀さん

    こんばんはー。

    生まれ来る〜は確かにピンときてなかったかもしれませんね。でも、今は結構グッときます。
    これと同じように「老人のつぶやき」という地味な曲の中でも更に地味な曲で、今になってこの歌詞にグッときます。

    その時々によって琴線に触れるものが違うのでしょうね。

    で、「夏の終わり」をご存知ですか!「Fariway」を持っている?「去っていった友へ」とか好きなんですよね〜。これも名盤。実はオフコース・ファンだったり?

    松尾さんは2人の地味〜な路線に爽やかさを入れてくれたよね。僕は「せつなくて」が好きかなぁ。
    松尾さんはSONG IS LOVEからハーモニカ奏者として参加してたようです。

    • sora
    • 2009/01/06 20:37

    「老人のつぶやき」も知ってるし「せつなくて」も「去って行った友へ」も「ひとりで生きてゆければ」もなんでもかんでも、知っています。
    ある時点までは。
    「さよなら」あたりからパタリと聴かなくなったので、ここ30年ほどの曲はワカリマセン。

    自分で書いて驚く。

    「さよなら」が出たのがちょうど30年前でした。いやはや。

    ●眞紀さん

    こんばんはー。

    おー。これは失礼しました!結構意外かも。そーですか!でも嬉しいですよ。僕だけじゃないってことで。
    僕はWe areまでかなぁ。Overあたりはあまり聴かなかったかな。
    「さよなら」はあまり聴かなかったよ。家とか通勤で聴くのはThree and Twoまでかな。アルバムはワインの匂いとSong is Loveを良く聴きます。

    小田さんがソロでオフコース時代の歌を歌ってますが、全くピンとこないです。「ひとりで生きてゆければ」もソロで歌ってますが、全く違う曲です。

    30年前ですか・・。僕はWe areから聴き出して、遡ってアルバムを全部買いました。田舎で育ったのでライブには行った事ないです。フィルムライブだけかな。。

    • sora
    • 2009/01/07 20:51

    やはり、メジャー路線になると歌詞も一般的になるというか。
    初期のころは「ジブンだけに唄ってくれてる感」みたいな、パーソナルな魅力がありませんか。

    わたしはもう誰も好きになることもない今は
    ありがとうあなたはいい人
    もっと早く会えたら…… とかな。

    ところでちょっとだけ宣伝させてください。
    当ブログで写真展のレビューを書いているので、よかったら読んでください。
    そしてもし興味があったら、行ってね。

    http://apakaba.exblog.jp/10544196/
    置換への断念/共有する感懐

    ●眞紀さん

    こんばんはー。
    そうですねー。メジャーになると、曲調も歌詞も一般的というか。おっしゃる通り、昔はパーソナルな魅力がありましたよね。

    ワインの匂いの歌詞ですね。いいですね。

    ♪キミは誠意一杯誰かのことを一人でも愛したことあるのか

    ♪永遠の命も名誉もいらない。あなたに会えたことそれだけでいい

    ♪もう一度、あの頃に戻りたいと思うことも無い。ただ、あの人に私の愛を伝えられなかった。それが心残りです〜

    とか。挙げればキリがないね。

    おー了解了解。ちょっと自サイトをいじっていたので。別途伺いますね!写真展、興味アリです。最近はマイナーな展覧会(無料!)にチョコチョコ足を運んでます。
    この前は「The SIX」という芸大6校(今年は10校)が学生主催で展覧会をやってて行って来ました。代官山のヒルサイド。??なものもあったけど、おっ!っという才能の持ち主もいました。





    • sora
    • 2009/01/08 20:35