■BookReview■ ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち 三上 延

2015.03.05 Thursday

0
    JUGEMテーマ:読書


    表示がアニメっぽいから、あまりいい印象は無かったけど。


     

    ■BookReview■ 夜のピクニック 恩田 陸

    2015.02.16 Monday

    0
      JUGEMテーマ:読書



      この本も恩田ワールド全開でした。
      カルト的人気の恩田さんですが、この本はあらゆる人のココロに響くだろうな。
      本屋大賞受賞作。
       

      ■BookReview■ 薬丸岳 逃走

      2015.02.09 Monday

      0
        JUGEMテーマ:読書


        胸が痛む。

        ■BookReview■グレイヴディッガー 高野和明

        2015.02.04 Wednesday

        0
          JUGEMテーマ:読書

           

          偶然だと思うけど今回も魔女狩りがテーマ。
          前回の貫井さんの本のテーマが魔女狩りかどうか真相は分からないけど。。

          「13階段」を凌いでいるかどうかは別として、圧倒的だった。
           

          ■BookReview■ 神のふたつの貌 貫井徳郎

          2015.01.29 Thursday

          0
            JUGEMテーマ:読書


            キリスト教の牧師が主人公。
            救われたのか、救われなかったのか。



             

            ■ たまには小説 ■ キネマの神様 著:原田マハ

            2013.12.11 Wednesday

            0
               JUGEMテーマ:読書

              原田マハの「楽園のカンヴァス」の感動とはまた別の感動でした。
               

              ■ たまには小説 ■  遥かなる水の音 (著:村山 由佳)

              2011.02.02 Wednesday

              0
                JUGEMテーマ:読書

                 ■ たまには小説 ■  遥かなる水の音 (著:村山 由佳)の読書感想文です。

                遥かなる水の音 


                久しぶりの小説。それ以前に久しぶりの「紀行地図」。

                1年くらい「やる気」がおきず、ほったらかし。

                やる気が出るまで待ってたけど。やっと少しやる気スイッチ・オン。

                まぁ、きっかけは、別途書くとして。

                旅ができる小説。いい本に出会えたかな。有名な本のようです。

                写真Blogになってますが。これが僕の本業です。



                                    ■ ■ ■

                ■フランス、ベルギー紀行、旅行記書評と地図■「黄昏のアントワープ」 著:辻 仁成

                2010.07.24 Saturday

                0
                  ■フランス、ベルギー紀行、旅行記書評と地図■「黄昏のアントワープ」 著:辻 仁成

                  の読書感想文です。

                  黄昏のアントワープ黄昏のアントワープ

                                ■ ■ ■

                  ■アジア、アフリカ紀行、旅行記書評と地図■「インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日」 著:中村 安希

                  2010.07.04 Sunday

                  0
                    ■アジア、アフリカ紀行、旅行記書評と地図■「インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日」 著:中村 安希

                    の読書感想文です。

                    インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日

                    半年ぶりの「紀行地図」更新です。

                    本業、ぼちぼちですが、再開します。

                    第七回開高健ノンフィクション賞受賞作です。


                                  ■ ■ ■

                    ■フランス紀行、旅行記書評と地図■「いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック」:(著)辻仁成

                    2009.12.27 Sunday

                    0
                      ■フランス紀行、旅行記書評と地図■「いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック」:(著)辻仁成
                      の読書感想文です。

                      いつか、一緒にパリに行こう―パリ・ライフ・ブック (光文社文庫)


                      どうやら今年最後の読書感想文になりそうです。

                      意図したわけでは無いけど、最後はパリで華やかな気分で締めたいと思います。

                      AMAZONとかでは評判がよろしくないようですが、女優の中山美穂と結婚した売れっ子作家という「冠」がやや鼻に付かないこともないですが、ガイドじゃないんですよね。ガイドを期待してはいけないかな。

                      タイトルにある「ライフ・ブック」。
                      そう。パリに「住みたくなる」本ですね。

                                    ■ ■ ■
                      続きを読む >>